基本ルール

ジャックスオアベター50プレイでは、ポーカーハンドについては標準的なポーカーのルールに従います。

ただし大きな違いは、基本的に自分と対戦するため、勝つにはジャックのワンペア以上のハンドが必要になることです。ジャックのワンペアはイーブンマネーの配当で、ロイヤルフラッシュにはジャックポット賞が付きます。

ハンドは各ハンド毎にリシャッフルされるシングルデッキから配られます。プレイヤーは5枚のカードを受け取り、ホールドするカードとディスカードするカードを選びます。

このゲームでは、可能な選択肢の中で統計的に最も適切な手をコンピューターが自動的にプレイする自動プレイモードも利用できます。

ポーカーハンド

ジャックオアベターのポーカーハンドは、どのポーカープレイヤーでもすぐに慣れることができます。ハンドに掛けられたコインの数が、配当を決める1つの要素となります。

各ハンドに最大5枚のコインを掛けることができ、もちろん各ハンドの配当が最も高くなるのは5枚のコインを掛けた場合です。

さらに、ジャックスオアベター50プレイのジャックポット獲得資格を得るためには、プレイヤーはハンドごとに可能な最大の5枚のコインを自動的にプレイする必要があります。これにより、コイン合計4000枚のジャックポットを勝つチャンスが得られます。

50のハンドを管理する

ジャックスオアベター50では、最大50の異なるポーカーハンドに掛けてプレイすることができます。これらを全て管理するのは怖いかもしれませんが、幸いこのゲームがあなたがハンドを扱うのを手伝うので、ハンドの管理は非常に単純です。

もちろんさらに掛ける必要はありませんが、プレイで勝った場合のオッズを上げることができます。ジャックポット獲得資格を得るために、各ハンドにコイン5枚で50のハンドに掛けるのは少し高すぎるかもしれませんが、そのための資金があるなら、非常に実りある経験になるかもしれません。

ギャンブルルール

プレイヤーは勝った後にダブルボタンをクリックすることで手に入れる配当を2倍にすることができます。プレイヤーはダブルボタンを使用することで、より大きな配当を期待して勝ちに掛けることができます。