今すぐ登録

€1000 ボーナス

初回入金 - マッチボーナス最大100% • 2回目/3回目入金 - マッチボーナス最大€400 • 新規登録者限定 • 最低入金額€10 • 70倍のベット • 適用規約

プロモーション規約

サインアップ

世界一幸福な国

2018年の最も幸福な国ランキングが発表されました。そして大方の予想の通り、中央アフリカ共和国はトップ5にランクインしてはいません。2012年に始まったこの取り組みの発起人はブータンでしたが、当のブータンの去年の順位は97位。この事実から何かを学べるとしたら、自分で始めたからといって、誰よりもうまくできるわけではない、ということでしょう。ブータンは国民の幸福度を測定するというアイデアを思いつき、同国の首相は2011年、国際幸福デーの制定を国連に提案しました。その1年後、国連は3月20日を国際幸福デーとして定めました

幸福度をどうやって測る?

2018年版の最新ランキングが公開され、じっくり目を通す機会に恵まれています。とはいえ先に進む前に、これが長く険しい文章になるのでは、という不安を解消しておきましょう。記事内で実際に触れるのはトップ10、いや、もっとコンパクトにトップ5だけ! ランキングの調査対象は合計で156カ国に上るので、トップ層にフォーカスする方が得策でしょう。なんと言っても、ここはギャンブルに関するブログなのですから。最後になりますが、国の幸福度を測る指標として、平均寿命、寛大さ、社会的支援、自由、汚職の度合い、GDPなどが使われたことをよく覚えておいてください。最後の2つがあったために、南アフリカ共和国は文字通りランキングからはじき出されたのです。

**トップ**5!

ではお待ちかね、世界で最も幸福な国にランクインした上位5カ国の発表……ですがその前に少しお時間を頂いて、本業たるカジノの話をば。

体の芯からリラックスしつつ心から楽しむための方法をお探しですか? 派手に遊びますか、それとも家に帰りますか? とはいえ実際には、おそらく自宅で遊ぶことと思います。とめどない賞金チャンスがやってくるゲームをお探しでしょうか? もしそうなら、スピンパレス オンライン カジノ こそ、本当の勝利の味を楽しめるバーチャルカジノです。オンラインビデオスロットのような気軽なゲームから、カードやテーブルゲームなど手応えのあるゲームまで揃っています。加えてルーレット、ブラックジャック、果てはオンラインスポーツギャンブルも。20年近い経験を持つSpin Palaceは世界各地で親しまれており、もはや単なるカジノの枠を超えた伝説の域に達しています。

世界で最も幸せな国

それでは、記事をお楽しみください。

5. スイス

5位にランクインしたスイスは、チョコレートの味に定評があるだけではありません。実はスイスは2015年に1位に輝いており、そこからの5位入賞となったわけですが(今年は政府がワイロをケチったのでしょう)、ランクインするだけの十分な理由があります。平均寿命は長く、教育は一流で多くの国民が英語、フランス語、ドイツ語に精通しており、さらに風景も素敵なものです。インフラは良質で国民の健康度も高いなど、5位入賞も納得の実力。

4. アイスランド

4位にランクインしたのはアイスランド。その国土はあまりに美しいものであったため、太古の昔に上陸したバイキング達はアイスランドという魅力的でない名前をつけたほどです。その後バイキング達は北に向かい、隣に位置する氷に覆われた土地にグリーンランドと名付けました。とはいえ、アイスランドは非の打ち所のない場所です。低い所得税率、そして高等教育と医療を無償で受けられるのはその美点のほんの一部。アイスランドは世界一平和な国として評価されており、デズモンド・ツツ、コフィ・アナン、ドン・ジョンソンのような著名人からもそのように認められています。4位に輝くのに何の不思議もありません。

3. デンマーク

3位はデンマークです。言いたいことはよくわかります: レゴだけで一国の経済を支えられるものだろうか、とお思いのはず。しかし実際には、デンマークは産業機械や家具、医薬品、そしてハムの缶詰も作っているのです。それだけではありません! 長い平均寿命、無償の医療、良質な福祉システム(ジャンキーにとっては夢の国)、そして世界一富の格差が小さいことにより、デンマークは3位に相応しい国なのです。

2. ノルウェー

第2位はノルウェーに贈られました。その通りです皆さん、ノルウェーは昨年、男女同権(トランプ氏にとっても居心地がいいことでしょう)と社会資本の点で飛び抜けた成績を残しました。 それを抜きにしても、フィヨルドや白夜、そして山々の織りなすノルウェーの美しさは世界有数のものです。

**1. フィンランド

**

そして最後に、金にあかせて1位を勝ち取った……失礼。それは新・世界七不思議自然版にテーブルマウンテンをエントリーさせたケープタウンの話でした。気を取り直して、栄えあるナンバー1はフィンランド! スカンジナビア半島の隣国ノルウェーを下すのは容易ではありませんでしたが、生活の質は最高レベル、そして医療面での不安が最も少なく、加えて移住者も自国民も同じだけの幸福を享受している点が勝負の決め手となりました。幸福に暮らせるのはヨーロッパ人だけではなく、アフガニスタン、中国、イラク、ソマリアからの人々もフィンランドに移住してきています。

フィンランドの雪景色

世界で最も幸せな国ランキング2018年版を楽しんで頂けたでしょうか。気に入って頂けたなら、同様のコンテンツをもっとご覧になれます。

元記事:

https://edition.cnn.com/travel/article/worlds-happiest-countries-united-nations-2018/index.html

サインアップ
ジュラシックワールドが拡張現実 (AR)で蘇る ソーシャルメディアのフォロワー:インフルエンサー 経済における必需品