今すぐ登録

€1000 ボーナス

初回入金 - マッチボーナス最大100% • 2回目/3回目入金 - マッチボーナス最大€400 • 新規登録者限定 • 最低入金額€10 • 70倍のベット • 適用規約

プロモーション規約

サインアップ

人間の意識をコンピューターにアップロード

あなたは脳をアップロードできますか?出典: Pixabay.com

トランスヒューマニズムはけして新しい発想ではありません。人間が現在の精神的・肉体的限界を超えて進化することができるというアイデアは、SF小説の題材としては古くから存在します。亡くなった人の肉体を凍結させるクライオニクスはしばらく前から実現しています。そして今、Nectomeという名の新興企業がトランスヒューマニズムを実現しようとしています。

私たちの心を永久に保存できるというのは、とても素晴らしいことでしょう。スロットマシンで大勝ちした時の興奮や、我が子を初めて抱いたときのことなど、大切な記憶を後々に残しておけるのです。肌を優しく伝う雨滴や花の香といった感覚も記憶にとどめておけます。もちろん、偉大な思想家の知識や叡智も永久に残すことができるでしょう。アインシュタインやスティーブン・ホーキングの心が保存できていればどうなるかを想像してみてください。

ホーキングの例はNectomeにまつわる議論にぴったりの例でしょう。これまでに100万ドルの資金を調達したNectomeの目標は、脳を保存することです。共同創業者のロバート・マッキンタイアは、防腐処理とクライオニクスを組み合わせた手法の開発に取り組んできました。彼はパートナーのマイケル・マッカンナと共同で、これまでに豚、ウサギ、および高齢女性の脳の保存に成功してきました。

不死を実現する技術的アプローチ

脳の「漬け物」ができたなら、(ただの漬け物で終わらせないための)次のステップは何なのでしょう? Nectomeの最終的なビジョンは、脳や肉体の機能低下を見事に回避するものです。今はまだ不可能ですが、マッキンタイアとマッカンナは、人間の心をコンピュータシミュレーションで再現するテクノロジーの実現はそう遠くないものと信じています。シミュレーションで再現された人間の心はデータサーバーにアップロードされ、そこで永遠に保存できることでしょう。

著名な神経科学者ケン・ヘイワースは、「死んだ脳はちょうどコンピューターの電源が切れたような状態にあるが、かといって情報がそこにないわけではない」と語っています。 Nectomeの社名は、脳内でシナプスがニューロンを繋げてできる神経網を指す「コネクトーム」が由来です。これこそNectomeの創業者がデジタルの世界で再現し、アップロードし、共有することを目指すものなのです。

活動中の脳のニューロン出典: Pixabay.com

**Nectome**の課題

クラウドストレージへの人間の意識のアップロードが生きている間に実現すると信じる未来志向の人は多いですが、そうと確信しきれない人もいます。カエノラブディティス・エレガンスと呼ばれる小さな虫のコネクトームは10年以上前に解明されましたが、それさえまだアップロード可能ではないのです。さらに、その虫のコネクトームには7000個のシナプスしかない一方、人間の脳には数兆のシナプスが存在します。

オックスフォード大学の人類未来研究所のアンダース・サンドバーグは、現在インターネット上にあるすべての情報を保存するには、人間の脳のコネクトームが283000個あれば足りると語っています。それに加えて、人間の心や良心を生み出す漠然とした「もの」は、アップロード過程で消えてしまう可能性もあるのです。意識のアップロードを行うことについての哲学的な問題提起も行われています。

誰が何を信じようとも、あなたが初めて参加したスポーツ競技、ファーストキス、結婚などの思い出をアップロードできるようになる日がいつになるかは不確定です。今のところNectomeは、いずれ意識のアップロードが可能になる日まで脳を保存しておくことはできますが、実際にアップロードすることは不可能なのです。

NectomeのWebサイトで実現間近のように語られていることも一因となっているとはいえ、Nectomeはたいへんな注目を集めています。この技術が一般の人にも公開される時に備えての予約リストへの登録はすでに始まっており、予約料は1人10000ドルです。これを利用する人は安楽死を経た上で、脳組織の崩壊を避けるため死後まもなく脳が保存されます。このためNectomeの次の試験は、終末期の患者を対象としています。

同社は、医師による自殺が合法とされているカリフォルニア州などにとどまれば法に触れることはないと考えています。脳の保存処理が「致死率100%」であるため、終末期でない人や国外の人の利用は問題となるかもしれません。Nectomeにまつわる法的問題は、科学・哲学的問題と同様に興味深いものとなるでしょう。

**出典: **

https://www.technologyreview.com/s/610456/a-startup-is-pitching-a-mind-uploading-service-that-is-100-percent-fatal/

https://www.bloomberg.com/view/articles/2018-03-19/use-your-brain-artificial-intelligence-isn-t-close-to-replacing-it

https://techcrunch.com/2018/03/13/nectome/

https://www.digitaltrends.com/cool-tech/nectome-brain-embalm-mind-uploading/

サインアップ
Google対Foundem ジュラシックワールドが拡張現実 (AR)で蘇る