今すぐ登録

€1000 ボーナス

初回入金 - マッチボーナス最大100% • 2回目/3回目入金 - マッチボーナス最大€400 • 新規登録者限定 • 最低入金額€10 • 70倍のベット • 適用規約

プロモーション規約

サインアップ

Google対Foundem

検索エンジン戦争 – Google対小規模エンジン先進国に住み、読み書きができる年齢に達している人ならほとんど誰でも、検索エンジンという言葉を聞いたことがあるか、または実際に使ったことがあるはずだ。検索エンジンは使ったことがあるが、Googleは知らないという人もまずいないだろう。

最も有名な検索エンジンであるGoogleを所有する会社は、毎年オンライン上の全クエリーの87%に回答を与えていると推定される。年間で、文字通り兆単位の検索を処理しているのだ。もっとわかりやすい数字にすると、昼夜を問わず、1秒間につきおよそ6万3000件を処理している。

このように世界を制覇するGoogleだが、誰であろうと、何を検索しようと、Googleを意識して使っているという人はほとんどいないだろう。炭酸飲料を選ぶのに、どのメーカーにしようかと考えるのとはちょっと違う。Googleの場合、何も考えずに使っているということである。

あまりにも浸透しすぎて、Googleという名から「ググる」という動詞まで生まれた。オンラインで何かを検索するという意味だ。今では普通に、「自分に合ったレシピやオンラインカジノをググる」という言い方はするが、「xyzを探すために検索エンジンを使う」とはあまり言わないだろう。

**Googleってそんなに良い?

と問うより、「なぜGoogle?」と問うべきだろう。Bingなど他の検索エンジンと比べてGoogleの何がそんなに違うのだろうか。そして、比較と言うならGoogleは本当に最も優れた検索エンジンなのだろうか。

Foundemという検索エンジンについてちょっと考えてみよう。Foundemは、AdamとShivaun Raff夫妻が考案した検索エンジンだ。2人は、オンラインのデートアプリMatchMateの創立者でもある。MatchMateは、検索基準を複雑に組み合わせ、それを基に複雑なグループ分けを行い、他の競合アプリを大きく引き離していた。

この、複雑に組み合わされた基準をグループ分けすることと、グループ分けの一部の要素は、時にお互い矛盾しているようにも見えるが、これは垂直検索と呼ばれるプログラミング用語である。有能なプログラマーであれば誰でも、習得するのが極端に難しいというだろう。

しかしRaff夫妻はそれを習得し、間もなく、検索エンジンにはこの手の優れたプログラミングが適していると考えるようになった。しかも、あそこまで信頼を得ているベテランのGoogleがこの概念そのものに苦戦しているとなればなおさらだ。

実際、Googleは極めて複雑な垂直検索ではなく、水平型検索を中心に構築されていた。そのため、単純で広範囲な検索には問題ないが、たった1つの直接的な正解しか持たない質問に直面すると、たちまち混乱してしまうのだ。

競争相手の排除

しかし、慌てる必要はない。助けはすぐそこにあった。Raff夫妻は、2人の優秀な頭脳を回転させてはるかに賢い検索エンジンを開発し、それをFoundemと命名した。初めのうち、Googleha適切に機能した紛れもない真の検索エンジンとして、クエリーを忠実にFoundemに回していたのだが、立ち上げからわずか2日後、突然検索の流れが止まってしまったのである。

診断テストを行ったところ、Foundemは突然全てのGoogleの検索からわけもわからず消えていたことが明らかとなった。MSNやYahooで行われた検索ではその後も高いランクを維持し続けていたが、Googleからは影も形もなくなってしまった。

あちこちの掲示板を調べはじめたRaff夫妻は間もなく、他にも同じ経験をしたオンライン製品の開発者が多くいたことを知るようになる。どんなことでも、Googleのシェアが侵されるようなことをすると同じような現象が起こるというのだ。

Googleは、競争に勝つためならどんなことでもやるようだ。自分たちの足りない部分を補ってくれるようなサービスを提供するものでも排除する。大きいことはいいことだ、とは必ずしも言えない典型的な例だが、そのうちユーザーは、Foundemのような検索エンジンの存在に気づき、試してみるようになるだろう。

出典:

www.nytimes.com/2018/02/20/magazine/the-case-against-google.html

サインアップ
2018年度の最も称賛される空港 人間の意識をコンピューターにアップロード